女性、男性の区別ない働き方と子育て制度がなければ大変

薬剤師達の笑顔

近年、女性の社会進出は目覚しいものがあります。独身女性もちろん、子育て世代や子育てを終えた女性も何らかの仕事に就いて頑張っています。一昔前までは女性は結婚と同時に会社を辞める「寿退社」が当たり前でしたが、最近ではそんな言葉は死語になってきています。少なくとも子供を出産するまでは職場で頑張って働く女性が多くなりました。

 

育児休暇のある会社や公務員は出産を終えて職場に復帰していく人も少なくありません。それでも子供をもつ女性にとっては育児と仕事を両立させるには大変な苦労があります。とくに夜勤や休日出勤をしなくてはいけない看護師などの職種で働いている主婦は子育てにも限界があります。

 

子供がまだ小学校に入っていないなら尚更です。安倍政権では女性の仕事と家庭生活との両立が成立できるように本人の意思を尊重されることを示唆する「女性の活躍推進法案」を打ち出していましたが、今後どうなることでしょう?。

 

子育てや介護は誰がやるの?

 

社会で働いている女性の多くは政権の「女性の社会参加」に期待するよりもむしろ不安を感じている声が目立ちます。というのも女性にだけに呼びかけても家事や子育て・親の介護などは男性の協力がなくては仕事との両立できるものではありません。その点、男性に対しては消極的な施策が気になります。

 

 

例えば、子供の突然の病気や学校行事・親の身体介護などで、男性が当日になって会社を休めるところはほとんどありません。そうなると必然的に現実は女性が家事や育児など全てにおいて引き受けることになります。それに加えて仕事をすることになると、どれだけ女性をコキ使うつもりなのかと不信感が募ります。

 

まだまだ男性の家庭参加は少ないことが全ての問題を誤魔化しているようです。女性、男性という区分けをせずに、社会で仕事をし、子育てや結婚生活を営める法律や社会制度が必要なのでは?と思います。

 

昔から女性に人気の資格

 

そのような点から、昔から女性に人気の資格が薬剤師です。公務員のように比較的時間が決まっており、専門的知識を持つために女性としては高額な給料を貰えます。また全国どこでも引手数多なので働く場所に困ることもありません。さらに資格取得をするためには4年生から6年生に変わり、難易度が上がったので今後も資格者保持者の給料アップが期待できます。

 

 

尚、今日現在、積極的に子育てをサポートしている企業や団体も増えています。その他にも保育園や保育士の免許を持った人ベビーシッターを増やして女性が働き安い職場を目指している企業や医療機関も増えてきました。

 

また、子育てや看護で仕事を辞めていた人も再び社会復帰やしやすいように資格や講習をサポートする自治体もあります。それでも、まだ極一部の上場企業や公務員くらいしか、その恩恵は届いていません。

 

 

そんな中で子育てを終えた主婦が看護師やホームヘルパーの資格をとって医療関係や企業に就職して活躍している人もいます。
庶民や民間では、皆、もがき苦労しながら生活をしています。少子化対策が議論されながら、片方で扶養控除の廃止または縮小が議論される政治とは何のか?

 

これから益々、自分たちの生活は自分たちだけで守るしかない社会が到来している気がします。

 

女性も薬剤師、看護師やホームヘルパーの資格を取得し、自分の生活を守れるようにしなければ大変な時代がもう間もなく到来することでしょう。
あなたは大丈夫ですか?

 

既に薬剤師、看護師や保育士、ホームヘルパーの資格を持っているなら、今から再就職しておくことをおススメします。


今、人気の薬剤師転職サイトおすすめ人気ランキング

業界トップクラスの求人数。10,000件以上だけではありません。非公開求人も豊富。東証一部上場企業グループの薬剤師転職ドットコム。全国対応で、どこでもあなたの希望地域の求人を探せます。高収入求人!土日休み!非公開求人も。まずは一度、確認してみましょう

1都3県(東京・千葉・神奈川・埼玉)の求人に特化。知識豊富な薬剤師専任コンサルタントが、日々薬剤師の方の悩みや相談に乗り、求人から面接、採用、入社後までサポート